これってパワハラ?私のパワハラ体験談

パワハラに負けない心と対処法について解説するサイト

【パワハラ体験談】パワハラを受けても、外に目を向ければ拾う神は沢山います。

パワハラ上司は「怒鳴る」「恫喝する」「罵倒する」のオンパレード

思い出すのも辛いですが、私がパワハラを受けていたのは30歳の時。営業職として業務に従事をしてから、8年が経過をしようとしていた頃です。当時、私は従業員数が300名ほどの中堅企業で働いていました。一応上場もしていましたので、それなりにしっかりとした企業なのだろうと思って新卒で就職をしたのですが、これがそもそもの間違いでしたね。

と言うのも、上場前から在籍をしていた古参の社員、つまり私たちの上司にあたる営業部長がとにかく「怒鳴る」「恫喝する」「罵倒する」のオンパレードだったからです。コンプライアンスってどこにあるの?と言いたくなるくらいの人格否定の連続で、それこそ同僚の何人かは一年も過ぎると数人が辞めていました。話によると、その上司自身がそのように罵倒されながら育ったようで、踏まれても踏まれても雑草のように伸びてくる人間だけを重用すれば良いと考えているのではないかと思うほどでした。事実、その上司の罵倒に耐え抜きながらも付いていく人間は、順調に上へと上がっていっていました。

どの様なパワハラかというと、前述したように営業成績が目標に達しない時点で怒鳴られます。それも、どこか個室へ行って怒鳴られるのではありません。上司の席に呼ばれ、営業部全員が分かる場所で「何やってるんだ!何で数字を達成できない!」と怒鳴られます。当然その声、私の先輩や同期、後輩達も耳にするわけです。その時の屈辱感と言ったら無いんですよね。

パワハラに対し、相談したのは大学時代の友人達

確かに営業である以上、数字の達成は絶対であると思っています。そのことに対して怒鳴られることを厭うことはありません。ただ、怒鳴るのであれば個室で誰もいない部屋でして欲しいのです。先輩や同期ならまだしも、後輩などにそのような姿を見せるのは本意ではありませんからね。 そして怒鳴られた後は、一通りの罵倒と恫喝が始まります。罵倒に関しては、人間性に関してが主ですね。「お前は人間がなっていないから売れない」「表情が顧客にウケないからだ。だから整形でもしたらどうだ」「そもそも、どういう教育を受けたらこんな人間が出来るんだ?」等々です。

今思い出しても、怒りではらわたが煮えくり返り、ワナワナと震えてくる思いですよ。よく手が出なかったなと自分を褒めてあげたいくらいです。また恫喝もそれなりで、「ここを辞めても無駄だからな。この業界で再就職は出来ない」「30を超えた男を中途で雇ってくれるものか」等々、これまた酷い言葉のオンパレードでした。

こうしたパワハラに対し、相談したのは大学時代の友人達でしたね。同じ会社の人間ではどう話が漏れるか分かりませんし、そもそも他の同僚達も上司の存在にはビクビクしていましたから。まぁ、私だけではなくて他の面々にも同じように接していたわけですよ。なので、相談したのは外部で働く友人達になったわけです。

次の職場が決まると、満を持して上司に辞表を提出

そこで色々と相談をすると、「それなら自分が会社の人事に話をしてみようか」と言ってくれる友人達が現れたのです。その時点ではさほど期待はしていなかったのですが、後日、折からの人手不足で営業経験者が欲しいという声を頂けたのです。渡りに舟とはまさにこの事で、二つ返事で面接の日程にOKをし、トントン拍子に再就職先が見つかったのです。

こうして次の職場が決まると、満を持して上司に辞表を提出しました。というか、叩き付けてやりましたね。何故なら、次の職場は直接ではありませんが取引先の一つだったからです。「私、次は○○という会社に行きますので。営業の際に顔を合わせるかもしれませんね」と言って辞表を叩き付けると、上司は唖然呆然といった感じで私の顔を見ていました。もちろん、私的な理由で取引をしないなんてことはしませんが。

今回の件で得た教訓は、とにかくパワハラに我慢が出来なくなったら逃げ場を探すということですね。狭いようで広いのが日本という国なので、拾う神は沢山います。そのためには人間関係も重要ですので、友人知人、そして親戚とは密に繋がっておくべきだなと思いました。もしも今、パワハラで悩まれているのでしたら外の世界に目を向けてみてください。必ずや逃げ場はありますし、そこで活躍して見返してやるという目標も出来て一層奮起できるはずですよ。

特集記事一覧

プロフィール

プロフィール

はじめまして。当サイトの管理人みどりと申します。

実は私も上司からパワハラをされた経験があり、退職そして現在転職活動中です。

このサイトでは、パワハラへの対処の仕方や相談機関、自信を取り戻す方法、また、同じようにパワハラを受けた方の体験談や教訓なども掲載しました。参考にして頂ければ幸いです。

サイトマップ