これってパワハラ?私のパワハラ体験談

パワハラに負けない心と対処法について解説するサイト

【パワハラ体験談】自動車会社営業職でのパワハラ

意味ない研修を繰り返された後、配属先で待っていたもの

私は大学を卒業してすぐに新卒で国内有名某社の新車、中古車の販売営業職に就きました。会社の規模はそこそこ大きく誰もが知ってるメーカーの地方販売会社です。仕事は当然、車を販売することですので、そのための教育や教えを先輩方から教わります。その会社には新入社員研修制度があり、必ずその研修を経て現場に投入されるような流れでした。

その研修はある種、この先始まるブラック勤務に対応するためのものだったんだと、振り返ると思います。研修では外部講師を招きビジネスマナー研修からディベート、発表などグループで協力して行うものでした。その日ごとのテーマがありそのテーマについて各グループが考察し発表するのですが、これは講師の”認め”がないと発表できないもので、どんなに内容がよくすぐに発表準備が出来ていても”認め”は頂けず、最終的に認めがもらえたのはその日が終わる頃でした。

その内容といえば、最初に提出した時のものと大して変わらず、永遠と同じ作業の繰り返しでした。1日の終わりには終了レポートも提出しなくてはならなく、これは上司に提出するものでしたが提出してもいちゃもんを付けられ、結局スムーズに提出して終わることなど無かったのでした。研修が終わるのは毎日11時過ぎ、12時を過ぎることもありました。

除雪作業も細かい指導なのか嫌がらせなのか

ひたすら終わらない意味のない研修を繰り返され、その研修最終日には湖の湖畔を一周するマラソンがサプライズに用意されているのでした。体力のあるものはいいですが、一周24キロオーバーです。何の意味があるのでしょう。営業販売職でマラソンです。そんな意味のわからない研修は入社後1ヶ月くらいにありました。

現場で働くようになると、当然自らの至らない点を指摘してもらうことがあります。ただ、その言葉では片付けられないような出来事が何点かありました。私の勤務地は降雪地帯でしたので雪が降ると除雪しなければなりません。その除雪の仕方について、細かく指導が入ります。

そのやり方はおかしいだの、なぜ今除雪をするのか、と言われました。除雪など雪が車両展示場からなくなれば良いでしょう。車両の展示場は綺麗にしなくてはなりません。そのため出社してすぐに掃除をし、その後も気がついた際には掃除をしたりします。

【定時という概念がない会社】労基法違反は明らか

ある日、私は出社後いつものように掃除をしていると少し離れた展示車両のタイヤ付近にティッシュのようなものがあるのを確認していましたが、それは歩道沿いということもあり、風で飛ぶだろうと思いその時はゴミを拾いませんでした。もしその後もずっと残っているようであれば拾えば良いのです。ですがその後私は上司にきつく怒られました。

あのティッシュは上司がわざと置いていたそうなのです。私はなぜあのティッシュを拾わなかったかひたすら怒られました。はめられたと言っても良いでしょう。私はティッシュ一つのために何時間怒られたことか。振り返ると笑えるような内容ですが、ティッシュ一つのために起きた出来事です。

展示場の営業時間は19時までで、給料の見込み残業代も19時までの計算です。ですからそれ以降の勤務はタダ働きです。しかし定時という概念のない会社でした。閉店後の片付けが終了したのちに、さあこれから仕事だと言い始め会議を始めたりするのです。当然一社員である私も参加しなくてはならず、その会議が終わるのは良くて11時過ぎとかだったでしょう。ある意味この無意味勤務体系に慣れさせるために研修があったと言っても良いでしょう。

中古車のイベント終了後には売れた車が自分の勤務している店舗に搬送されてきます。この受け取りは一人いれば十分な作業であるにもかかわらず、全社員総出で受け取りをします。当然、イベント終了後の受け取りなので退勤時間が12時を過ぎるのは言うまでもないでしょう。

働く環境を変えられるのは自分自身

これらのようなパワハラを、私は入社時から1年間受け続けました。当然家族にも相談しましたし友人にも相談しました。しかし結局その環境を変えられるのは自分だけなのです。会社に対し何を言っても無駄で、聞く耳は持ちませんでした。その後私は退職という選択をしました。

この新卒入社した会社で得た経験、それは夜に煌々と電気のついている会社は疑ったほうが良いということです。そして、入社前に会社内の人ともっと多く関わっておくべきでした。この話が誰かの救いになればと思います。私は現在転職をして他の会社で働いています。転職は思い立ったその時にすべきです。惰性で働き続けることのほうが簡単です。

しかし、その環境を変えられるのはその人自身です。決して他人ではありません。パワハラを受けている、そう思った時にぜひ行動してください。そうすればきっと良い未来が訪れるでしょう。

特集記事一覧

プロフィール

プロフィール

はじめまして。当サイトの管理人みどりと申します。

実は私も上司からパワハラをされた経験があり、退職そして現在転職活動中です。

このサイトでは、パワハラへの対処の仕方や相談機関、自信を取り戻す方法、また、同じようにパワハラを受けた方の体験談や教訓なども掲載しました。参考にして頂ければ幸いです。

サイトマップ