これってパワハラ?私のパワハラ体験談

パワハラに負けない心と対処法について解説するサイト

【パワハラ体験談】パワハラは僕だけではなく皆が受けていました

聞く耳を持たず、何でも反抗したがる女課長

私の受けたパワハラはひどいものでした。その会社の本社は東京にあるのですが、福岡の博多に福岡支店がありました。そこの営業部第1課はとてつもないパワハラをする会社でした。まず、上司からして問題でした。上にも下にも、自分の気に食わなかったり、やりたいようなことでなかったら容赦なく反抗する女課長でした。

まず上に対しては、確かに朝の挨拶とかはするのですが、いびりにいびっていたりしたら課長が「係長。もうその辺で許してやってくださいよ。みんな帰る時間でしょう。少し優しくしてやってください」と言っても「いえ、うちにはうちのやり方がありますから」と聞く耳を持ちません。

38度以上の高熱でも休ませてくれない

ここまで聞いたら、下にどんな態度を取ったか皆さんなら想像がつくでしょう。ある日高熱でフラフラになって会社に「高熱があるので休ませてください」とその女係長に電話をかけて言いました。そうしたら、「それは出てきて私が決める事だ。出てこい」と言われました。そうしたら38度以上の熱がありました。

にもかかわらず「微熱じゃんか」って言うんです。とんでもない話です。体はふらつき、全く仕事にもならない状態なのは僕の顔を見れば一目瞭然だったはずなんです。にもかかわらず仕事をさせました。当時僕は22歳、新卒でした。FX会社で営業をしておりました。と言ってもほとんどは違法な勧誘の電話をひたらかけさせられたのでした。

一応そういう営業社員を抱えており、新宿、日本橋、大阪、福岡に本支店がありましたから大企業なのかもしれませんが、全くもってまともな企業ではありませんでした。完全なブラック企業です。前記した高熱にもかかわらず仕事をさせられていた事の続きになりますが、さすがにどうにもならなくなり、その女係長が営業で出た間隙を縫って課長にお願いし、近くの病院に行くことが出来ました。

全部私が決める事、理不尽極まりない態度に…

お医者さんに事情を説明したら「ひどいな。とりあえず注射を打ってあげるよ。その注射を打ったら多少眠気が来るから寝ていきなさい」と言われました。しかしその女係長が帰ってきて僕が病院に行ったことを知り、更に課長に許可をもらった事を知るや大激怒し殴る蹴る物を投げるといった理不尽極まりない態度を取り、「全部私が決める事だ」と言われました。

正直、この程度の人間ならもし何かやらかしたら首にさせられるだろうなって思いました。パワハラは僕だけではなく皆が受けていましたから相談せずともみんな知っていました。先ほど書いたように女係長がやらかしてしまい、逆クーデターが起こりまして結果として追放処分とポストはく奪を受けました。それ以外にも嫌な事もあったのですが入社7か月目に営業は停止し、倒産しました。

特集記事一覧

プロフィール

プロフィール

はじめまして。当サイトの管理人みどりと申します。

実は私も上司からパワハラをされた経験があり、退職そして現在転職活動中です。

このサイトでは、パワハラへの対処の仕方や相談機関、自信を取り戻す方法、また、同じようにパワハラを受けた方の体験談や教訓なども掲載しました。参考にして頂ければ幸いです。

サイトマップ