これってパワハラ?私のパワハラ体験談

パワハラに負けない心と対処法について解説するサイト

転職に際して企業研究は欠かせない。

私の年齢は46歳男性千葉県に住んでいます。転職する前の職業は、建設会社で、そこでパワハラをされたのです。どんなパワハラを受けたかと言うと、上司からの暴言です。社員に対して、バカとか死ねとかを上司を目の前にした時に言われたので、自分自身ではわからなかったのですが、医師からはうつと診断されました。

上司がイライラしている時には、頭を叩かれたこともありました。また、上司からのパワハラだけでなく、私が勤務している所の部署の社員からもいじめをされていたのです。上司が私に徹夜をしてもできないほどの無理な仕事を与えたことで、転職をしようと決意しました。

転職サイトを3社利用して、同じ職種ですと、心の痛みがありますので、今までにない職業に就きたいと思い、営業職として転職することが出来たのです。転職先の職場環境は、とてもよさそうに感じて研修制度も数日間設けられたので、会社の雰囲気としては良かったです。また、待遇面では、育児手当や家族手当、最低保証額もあり仕事がしやすく感じます。

面接を受けてすぐ内定を出す所は気を付けた方がいい。

人間関係は、上司は厳しい感じでしたけど、他の社員は、大変親しみを感じられたのです。転職サイトを利用して良かったのは、パワハラから解放されたのが一番良かったです。転職サイト社員の方は、応募しようと思っていた所の情報を聞き取りしていますので、求人に載っていない情報を聞くことができるようになっていて、企業を選択する上でとても参考になります。

求人に載っていない非公開の求人もありますので、応募する時にとても有利な状況でした。悪かったのは、希望の職種に関して、紹介をしてくれなかったことが不満に思った点です。転職サイトによって、求人が多い職種なども個々に異なりますので、良く掲載している職種は何が多いのか確認してから登録をすることが大事ですね。

転職サイトによっては、登録している求人数も違いますので、専門職に就きたい時には、専門の転職サイトもあることを把握しておくことが重要です。転職サイトに登録している会社の企業研究は必ず行った方がいいでしょう。良心的な所は、無料で模擬面接を行ってくれますので、実際に面接を受ける前の練習になって緊張もほぐれます。

転職サイトから求人を探して、面接を受けてすぐに内定を出す所は、気を付けてもらいたいです。転職サイトに登録をすると、担当の方が必ず付きますので、その担当の方に就職のことであれば相談することができます。転職サイトの社員は、転職に関してプロの方なので、親身になって相談に乗ってくれるはずです。転職サイトが主催となり、転職フェアを開催されることもあるので、積極的に参加するといいかと思います。

プロフィール

プロフィール

はじめまして。当サイトの管理人みどりと申します。

実は私も上司からパワハラをされた経験があり、退職そして現在転職活動中です。

このサイトでは、パワハラへの対処の仕方や相談機関、自信を取り戻す方法、また、同じようにパワハラを受けた方の体験談や教訓なども掲載しました。参考にして頂ければ幸いです。

サイトマップ