これってパワハラ?私のパワハラ体験談

パワハラに負けない心と対処法について解説するサイト

パワハラ会社から優良会社への転職

私は、41歳、男性、東京都に住んでいるものです。転職前の職業は、LEDのエンジニアをしていました。転職のきっかけとなったパワハラは、まず、残業を毎日夜中まで強いられたことでした。自分は、かなり早く仕事を終わらせているのですが、それでも次から次へと新しい仕事をふられて残業を強いられ、2回ほど体調を崩して会社を休むことがありました。そのうえ、それだけ働かされているのに、給料の未払いが何度かあったのです。

会社に対する不信感が募り、どうしても新しい職場に転職したいなと思っていました。それでも、毎日深夜まで働かされていたのでなかなか転職活動を始めることができませんでした。それから、帰りの電車の中や土日に少しずつ転職活動を始めることができるようになってきました。転職サイトは、見るだけを含めれば、4社くらいの転職サイトを使いました。

メインに使っていたのは、2社の大手企業の転職サイトを使っていました。最終的に、その中から転職に成功することができ、転職先は、システムエンジニアの仕事に就くことができました。今思えば、何社も転職サイトを見ていたので、自分に合った転職サイトを使っているうちに見つけることができるようになりました。

コーディネーターの方だったり、検索に出てくる案件だったりから、最適な転職サイトを選ぶことができるようになったと思います。また、4社も扱っていたので、転職先の候補が沢山出すことができました。沢山の中から自由に選ぶことができたので、本当に良かったと思っています。転職先の職場環境や待遇面、仕事、人間関係などは、劇的に良くなりました。

転職は自分と相性の合うコーディネーターを見つけるのが近道

職場環境は、自分の状態を常にチェックしてくれているし、残業も全く強いられることがなくなりました。待遇面も給料が7割もアップしたので本当に嬉しかったです。人間関係もとても良く、昼間も一緒にランチに行くことが多くなりました。本当に転職できて良かったと思っています。転職サイトを利用して、良かった点は、コーディネーターの方がとても親切で自分の希望を細かく聞いてくれました。

そのため、自分の希望に合った仕事を紹介してもらうことができました。面接での気を付ける点なども細かく指導してくれたので、とても安心して面接を受けることができました。悪かった点は、就職に行きつかなかった転職サイトのコーディネーターの方がとても不親切だったことです。

転職サイト利用する上での注意点、アドバイス、反省点は、転職サイトによって自分に合うコーディネーターの方と合わないコーディネーターの方がいるので、沢山登録しておいた方がいいと思います。とにかく、自分と相性の合うコーディネーターの方に会ったらすぐにその方にお願いして進めるといいでしょう。

プロフィール

プロフィール

はじめまして。当サイトの管理人みどりと申します。

実は私も上司からパワハラをされた経験があり、退職そして現在転職活動中です。

このサイトでは、パワハラへの対処の仕方や相談機関、自信を取り戻す方法、また、同じようにパワハラを受けた方の体験談や教訓なども掲載しました。参考にして頂ければ幸いです。

サイトマップ