これってパワハラ?私のパワハラ体験談

パワハラに負けない心と対処法について解説するサイト

転職を見据え経験をカバーするために資格取得へ

東京都在住の 35歳女性です。転職前は、派遣社員(事務職)をしていました。30代半ばということもあり、結婚や私生活への干渉が酷く、毎日のように社員から話題にされていました。前任者である女性社員の産休で業務を引き継ぎましたが、出産後退職することになり、契約期間を伸ばしながら仕事を続けていました。その甲斐あって正社員に切り替わる話も出始め、仕事もやりがいを感じていました。

しかし、正社員登用条件として、関連会社の10歳以上も離れた男性との交際を勧められ、断ると中傷などの女性男性社員問わず、厄介者扱いされました。派遣会社からは仕事ぶりが評価され、正社員への切り替えを強く勧められましたが、派遣先と派遣元の紹介料などから、お給料は低くなると説明され、このまま続けても何も改善されないと思いました。

代理の社員の募集が開始されてからは、さらに引継や残した仕事を処理する為、残業も増えました。社内で募集内容を見てしまい、現在の派遣社員として年収より2倍近い好条件で募集されていました。

転職を考え出して以来、資格取得のため週末は講習を受けるなど多忙ながらも3つの資格を取得することができました。有望な転職サイトの3社に登録をし、経験不足や学歴、年齢など高いスキルを求められる求人から未経験でも考慮される求人を探しました。某大手派遣会社による転職サイトから候補を見つけ、面談を受け、現在の物流企業の事務職へ転職を果たすことができたんです。

【雇用形態での待遇面の違いに注意】転職サイト担当者と密に連絡を取り合っておく

転職先の職場環境は風通しが良く、ややキリッと張り詰めた空気がありました。女性が多い職場でお互い私生活を話題にした雑談などは、勤務中で耳にすることはありません。専門知識をもつ社員が多く、職場では英語を使用した業務もあり、業績により上司と条件や待遇は交渉でき、実績や勤務期間で昇給や異動などの機会がたくさんありました。

産休などで休む制度も整っている為、私生活の干渉など雑談が少ない職場でした。その分、気の合う同僚と知り合うことができ、一緒にランチに行ったり、仕事の悩みなど話せるような良い同僚関係が築けました。

転職してよかった点は、仕事に集中でき、不必要な残業や雑務が少なくなったことです。多忙時期と通常時間でのバランスが取れるので、アフターファイブの習い事にも励むことができます。逆に悪かった点は、手取り足取り仕事を教えてくれる人がいないので、経験不足ながらも自分で試行錯誤しなければいけなく、仕事ができないと判断された場合、正社員でも解雇される場合がありました。

転職サイトを利用する際の注意点は、直接採用でも契約社員か正社員かで入社後との業務内容な待遇がかなり違うので、具体的に担当者と連絡を取ることが望ましいです。人材紹介の転職サイトの場合は、企業間で手数料や契約料などが発生する為、経歴が浅い場合は若干希望条件などが下がる場合があります。

プロフィール

プロフィール

はじめまして。当サイトの管理人みどりと申します。

実は私も上司からパワハラをされた経験があり、退職そして現在転職活動中です。

このサイトでは、パワハラへの対処の仕方や相談機関、自信を取り戻す方法、また、同じようにパワハラを受けた方の体験談や教訓なども掲載しました。参考にして頂ければ幸いです。

サイトマップ