これってパワハラ?私のパワハラ体験談

パワハラに負けない心と対処法について解説するサイト

【上司のパワハラに疲れた労働者のあなたへ】パワハラに負けない心を手に入れる方法

    • これを身につけるだけで上司のパワハラから解放されます。月曜日の朝もすがすがしく感じられ職場に行く足取りも軽く、苦痛でしかなかったアポ取りもそれほど苦になりません。なぜならあなたは手に入れたんですから。この記事ではパワハラに負けない心を手に入れるためにすべきことについて解説しています。

上司のパワハラを受けてもつぶされない精神力(心)を手に入れる

あなたは、上司のパワハラを受けてもつぶされない精神力(心)を手に入れたくありませんか?パワハラを受け続けると自信がなくなったり、うつ状態が続くと立ち直れなくなる危険性があります。心の病はその回復に長期間を要しますので、そうなる前にサインに気づいて休養を取る必要があります。ですが、そう簡単に休めないのが今の日本社会です。

パワハラによって休みがちになれば有給を使って休まざるをえません。その有給ももちろん限りがあります。休職をすればノーワークノーペイの原則により基本的に無給になりますから収入の低下につながります。傷病手当も1年6ヶ月という期限がありますし、精神疾患の労災は1/3程度しか認定されていないのが現状です。労災認定がされたとしても将来への不安が残りますし家庭を支えるほどのものではありません。

家族を養っている立場であればなおさら休むことはできません。クビになることは恐怖でしかないのですから。そして無理を押して会社に出社しいつか心も体も壊れてしまいます。一度壊れた心の回復はそう簡単ではありません。

仮に職務に復帰できたとしても再発を繰り返してしまうのが心の病の特徴です。休職を繰り返してしまうことで収入はいつまでたっても安定しません。退職を余儀なくされれば、転職活動が待っています。人口減少時代に突入している日本では、売り手市場が続きますので転職するのもアリですが生活や将来の見通しは不安定になりますし、転職先でパワハラに合わない保証はありません。

終身雇用制度が崩れた今、1つの労働収入に依存しているのは危険ではないでしょうか。1つ労働収入に依存することになると上司のパワハラや会社の業績低迷に人生が左右され、逃げ道がなく追い詰められることになります。あなたがパワハラを機に転職をすることになっても、この視点は持ち続けてほしいと思います。なぜなら、格差社会がもう目の前までやってきているからです。

「オレ、正社員になる」が象徴する格差社会に突入した日本

2:6:2というのは何を表している数字かご存知でしょうか。これは今の日本の富裕層、中間層、貧困層の割合を指しています。そしてそう遠くない未来にこの数字が2:8になります。つまり、中間層がいなくなり、富裕層と貧困層がはっきり分かれてきます。

2:8とはパレートの法則です。イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した法則で、全体の数値の大部分が全体を構成する一部の要素で生み出されています。例えば、売り上げの8割は顧客の上位2割が生み出しているとか、2割の商品が生み出しているとか言いますね。また、世界の2割が経営者で世界の8割が労働者とも言われています。そして2割の経営者が給料の8割をもらっています。

人材派遣業が流行りだした2000年前半から正規・非正規雇用という言葉が生まれ、今CMで流れているのは「オレ、正社員になる」という言葉です。時代をとてもよく表しているなと思いました。今でこそ正規・非正規という言葉を使っていますが、今後の日本の人口と会社のピラミッド構造を考えれば、非正規社員がますます増えてくることは目に見えていますからいずれこの違いもなくなるでしょう。

建設業では、社会保険料の未加入問題があり近年加入促進がなされています。加入していない企業は建設業の許認可に影響することから社会保険の加入を迫られることになります。ですが、社会保険の負担は企業にとって軽くない負担です。そこで、正社員雇用ではなく請負という形で社員を個人事業主にして下請けに出すことで正社員の非正規化が始まっています。

労働者である以上我々の生活が良くなることはありません。

非正規社員が増えれば基本的に退職金は支払われないでしょうから、2億円とも言われている生涯獲得賃金はさらに減る見通しです。老後だって安心ではありません。年金に期待している40代がいるでしょうか。今の20代、30代はもうあきらめています。厚生労働省によると「平成29年簡易生命表」では平均寿命は男性81歳、女性が87歳になります。65歳で定年を迎えてから15~20年間は何らかの形で収入を得る方法を考えなければなりません。余裕のある生活を考えると大体30~40万円程度でしょうから8000万円程度かかる計算です。

これからの日本経済は良くなるでしょうか、悪くなるでしょうか?景気は下り坂ですよね。上がると言ってもタガが知れています。景気の上昇とともにお給料が上がった高度経済成長期とは時代が違います。企業は内部留保を蓄え給料に反映されていきません。子供を育てるのも容易ではありません。共働きでないとやっていけない社会です。なんかお金が貯まらないなぁと感じている方も少なくないと思いますが、その正体が税金です。

日本が税金大国なのはご存知でしょう。車に乗れば重油税にガソリン税、さらに消費税です。タバコはほとんど税金ですね。不動産を持てば登記するのに登録免許税、固定資産税も毎年かかります。相続税の基礎控除も引き下げられました。死んだ後も遺族は税金を取られます。我々の知らない間に増税は進んでいるんです。会社の従業員である以上、これらの費用もお給料から支払わなければなりません。労働者のままでは格差社会の8割側になってしまいます。

格差社会に突入し平穏に暮らしていくことさえままならない上に、パワハラ上司におびえながら生きていかざるを得ない生活に耐えられるでしょうか。このままでは家族を幸せにできません。時は平成最後の年。2018年は副業元年とも言われ、政府が副業を推奨していることもあって、企業も副業禁止規定を解禁するなど副業を肯定する動きが出始めています。来年以降この流れはさらに加速していくものと思われます。個人でお金を稼ぐ時代に突入していきますので、ひとつの職場に依存している収入体系を見直す必要があります。

稼ぐ力を身につける事で得られる5つのメリット

この格差社会のなかで上司のパワハラにも負けない心を手に入れるには、2:8の法則の2割にならなければなりません。つまり経営者になることです。従業員から抜け出すためには稼ぐ力を身に付けることです。では、稼ぐ力を身につけることでどんなメリットがあるでしょうか。

1.パワハラ上司や取引先に媚びる必要はもうありません。

副業で稼ぐことができれば、本業を辞めたとしても困りません。なぜなら、会社に依存することなく収入を自力で得ることができるからです。人格否定や暴力を振るわれるパワハラに我慢する必要はありません。

2.稼ぐ力があれば収入を増やすことも減らすこともできる。

本業の繁忙期や閑散期に合わせて、稼ぎたいときに稼ぐことができますし逆に稼ぎたくないときは稼ぐ必要がありません。今の時代はそういう稼ぎ方ができる時代です。余剰資金で資産つくりに投資する余裕も生まれます。

3.精神的な自由を手に入れられる。

収入をひとつに依存していないことで心に余裕が生まれます。格差社会からもパワハラ上司からも解放されます。収入の不安、年金などの老後の生活への不安もなくなります。

4.経費を作れる。

個人事業主となることで、経費で生活ができるようになります。従業員の場合は給料からさらに税金を払う必要があります。ですが、副業をして経営者にとなることで、勉強に参加する費用や交通費、事業のためのパソコンなどを収入から差し引くことができます。

5.確定申告をすることで税の仕組みを理解できる。

税の仕組みを理解しやすくなります。労働者のままでは会社が年末調整をしてくれることでなかなか税の仕組みを理解する機会が得られません。年末調整によって面倒な税金の処理をしてくれていると呑気に構えていてはいけません。一度は自分でやってみて余裕があれば税理士に任せればいいと思います。

初期投資のかからない、クラウドソーシングから始める。

私が正しい努力だと感じているのがライティングの技術です。発信する力があれば将来の資産となります。例えばクラウドソーシングでライティングの技術を磨きます。従業員の方が副収入だからと言っていきなり投資を始めてはいけません。投資はお金持ちがする稼ぎ方です。経営者になるといってもテナントを借りてお店を始めるわけではありません。クラウドソーシングなら初期投資がほとんどかからず手軽にできます。

ライティングなどというと非常に難しそうで、高度なテクニックが必要なのかと思われるかもしれませんが、大切なことはテクニックではありません。いや、もちろんテクニックも少し必要になりますが、それは練習していけば身についてくるものです。大事なことは、とにかく書くこと。量が質に転換するまでとにかく書く経験を積み重ねてほしいと思います。大事なことは行動を起こすこと、そして続ける事。そのためには達成可能な目標を設定して、小さな成功を積み重ねていくことです。

ライティングの技術を使ってお金を稼ぐことができれば、少ないリスクで多くのメリットが得られると感じています。それは、まさにインターネットが普及している今の時代だからこそ実現可能だと言えます。では、ライティングの技術を身に付けることで具体的にどんなメリットが得られるでしょう。

ライティングの技術を身につける事で得られるメリット

文章を書くことで憂うつな気分を解消

パワハラの壮絶な体験や嫌な経験も文章にすることで、客観的に自分を見つめることができ冷静になれる効果があります。以前、うつ病への対処法としてエクスプレッシブライティングが良いという事を書いたことがありますが、自分の経験したことを文字にすることでストレスもある程度軽減されるのです。日記や行動記録をつけるのもとても良い習慣になりますので、自分の生活に無理なく取り入れることができれば心の病の改善につながります。

時間や場所にこだわらずに稼げる。

わざわざ、机に向かう必要はなくスマホ一つあればどこにいても仕事をすることが可能です。ネット環境が整っていればどこにいても稼ぐことができるというわけです。通勤時間、土日、休憩時間など空いた時間を活用してもいいでしょう。

満員電車に揺られながらゲームをしているあなたの隣に座っている方は、実は仕事をして稼いでいるかもしれません。通勤時間の30分、往復で1時間という時間を、あなたはどう過ごしているでしょうか。1年後にどれだけ収入の差が生じているでしょうか。

自分の好きなテーマや分野で稼げる。

これはとても重要なことですが、自分の好きな事や得意な分野で稼ぐという事がこれからの時代はとても意義があります。自分の好きなことをしている時間は苦にならないですよね。「やり続ける」にはモチベーションを維持することが必要です。あなたの知識や経験をお金に変えることができ、ライティングの技術を身に付けることができます。

「自分にはスキルもないし、何も書くことがない」そんな気持ちになっているかもしれません。でも嘆くのは早すぎます。あなたの今までの職業で身につけた経験、それからパワハラを受けた体験談ですらお金に変えることが可能です。ネタは至る所に転がっているわけです。クラウドソーシングでは、スキルのいらないデータ入力や単純作業などもありますが、挑戦して頂きたいのはライティングです。

クラウドソーシングを利用すれば仕事の受発注から決済までシステム化されている。

ライティングの技術で稼ぐと言ってもどこに仕事があるの?と思う方がいるかもしれませんが、それも心配ご無用です。ランサーズやクラウドワークスという企業をご存知でしょうか。これらのサイトは、「日本最大級のオンラインお仕事マッチングサイト」のことで、企業や個人が様々な仕事を発注、その内容に応じて単純作業のデータ入力であったり、体験談記事を書いたり、ロゴマークの受発注、Webサイトの開発など様々な仕事をネット上のやり取りで完結するクラウドソーシング型のサービスです。

従来であれば、例えばデータ入力の作業をある業者と契約し外部委託するという形態があります。いわゆるアウトソーシングですね。それがネットを介することで不特定多数の仕事を受注可能な人が手を挙げて、仕事をこなし納品します。基本的に仮払い方式(発注側が先にお金を支払う事)で受注側も安心して業務を行うことができます。直接、発注側と取引することもできるので、慣れてきたり発注側に評価されるようになれば仕事を増やすことができます。
まずはクラウドワークスに登録してみる

ライティングで副業をするデメリットはないの?

他にもネットで稼ぐやり方はいくらでもありますので自分には合わないなと感じたらこだわる必要はありません。在宅ワークでの方法は、主婦や主夫の方でも稼ぐことができる最も手軽でしかもそれなりに仕事をこなせば、まあまあの副収入が得られるサービスです。副業を始めて不安に感じる事は、確定申告や税金のこと、経費の処理などのことかもしれません。そして会社にバレてしまうのではという不安をお持ちかもしれません。

でも大丈夫。そんなときこそクラウドソーシングで税理士に依頼だってできますし。会社にバレない方法もありますので今後このサイトでもお伝えしていこうと思っています。一つ注意してほしいことは、確定申告は必ずしてください。会社にはバレなくても税務署には必ずバレますので稼ぐ以上はしっかり確定申告しておきましょう。

すでに100万人超の会員が登録。クラウドワークスならスマホでも使いやすい。

クラウドサービスといえばランサーズやクラウドワークスが大手と言えます。私はどちらのサービスにも登録してみました。どちらが良いとか悪いといった評価は、個々の状況や業務のやり方、発注企業との相性もあると思いますので、結論から言えば両方登録しておけばいいのではないでしょうか。どちらも無料で登録できます。

ただ、スマホでの操作の見やすさであったり、使いやすさはクラウドワークスかなと思いました。通勤電車や移動中にも気軽に使えるという点でその登録方法をご案内しますので、スマホ片手に見ながら、PCで登録してもいいでしょう。登録方法は簡単ですが、その登録方法について画面共有しながらご説明します。
まずはクラウドワークスに登録してみる

クラウドワークスへの登録方法は簡単、10分後には仕事を受注できる?

それでは順番に見ていきましょう。と言っても操作方法はただ登録画面に従って進めていくだけです。こちらでも順を追ってご案内しますね。まずは登録画面を開いて下さい。用意するもの?特に準備は必要はありません。次のページを開いて無料で登録するだけです。以下のような登録画面が出てきたことを確認できたでしょうか。それでは順次解説していきます。

「無料で利用を開始する」をクリック

登録するメールアドレスを入力して「会員登録する」をクリック

登録したメールアドレスに確認メールが届く

本登録をするため、送られてきたURLをクリック

必要事項を入力する

必要事項を入力したら、利用規約を読みチェックする。「私はロボットではありません」にチェックを入れ「入力内容を確認する」をクリック

入力内容を確認したら、「会員登録を実行する」をクリック

会員登録ができたら実際に仕事を探してみよう。

「仕事を探す」をクリックし検索窓に「パワハラ」と入力してみた。


1000件近くの案件があり、体験談記事については1000文字100~150円程度が相場でしょうか。まずは書いてみるという事が重要です。そして100円でも200円もまずは自分の力で稼ぐという経験をしてみて下さい。下手に投資に手を出すよりは最も確実にそして安全に、初期投資もほぼなく「0」から「1」にできたのではないでしょうか。

あとはそれを積み上げるだけです。真面目なあなたであれば、コツコツ書いていくことでそれだけでも立派な副業となります。あなただけの別の世界を見つけてみましょう。転職をせざるを得ない状況になったとしてもこのライティングの技術を身に付けていけば、あなた自身を助けてくれます。ぜひチャレンジしてみて下さい。
まずはクラウドワークスに登録してみる

経営者は時間とお金を無駄にしない。

人生は自分自身の問題ですから、他人との比較は関係ありません。始めたいと思ったその日に行動ができるかどうかです。1日でも早く始めればそれだけ目標に近づきます。そして成功するために必要なことは「続ける」ことです。行動を起こした人だけがチャンスを掴むことができます。最後にこの言葉をあなたに贈ります。

「Today is the first day of the rest of your life 」
(今日という日は、残りの人生の最初の日である)
チャールズ・ディードリッヒ

まとめ

稼ぐ力を身につけてパワハラ上司から解放されよう。

稼ぐ力を身につけなければ、生活は今のレベルから良くはならない。

開業届を税務署に提出し、経営者として経費で生活しよう。

クラウドワークスでお金を稼ぎながらライティング技術を身につけることができる。

まずはクラウドワークスに登録してみる



特集記事一覧

プロフィール

プロフィール

はじめまして。当サイトの管理人みどりと申します。

実は私も上司からパワハラをされた経験があり、退職そして現在転職活動中です。

このサイトでは、パワハラへの対処の仕方や相談機関、自信を取り戻す方法、また、同じようにパワハラを受けた方の体験談や教訓なども掲載しました。参考にして頂ければ幸いです。

サイトマップ