これってパワハラ?私のパワハラ体験談

パワハラに負けない心と対処法について解説するサイト

【パワハラ体験談】職場のパワハラを相談したら物事がスムーズに。

見習い理容師が受けたパワハラ体験

高校卒業して、18歳の頃に理容師の見習いに九州から大阪に来ました。見習い・理容師が8人、美容師が2人いました。見習いで雇って頂いて、1週間してからパワハラが始まりました。パワハラをやってくる男性は当時25歳でその理容室の中で1番長く勤めている人で誰も何も言えませんでした。

パワハラが始まってから、ある日お店の裏で僕がタオルを干していると、その男性が僕に対してイジメ倒してやると誰かに言ってるのが聞こえて来ました。しかし、聞かなかったようにしてました。その時は、負けるもんかと思いました。

ある日、隣に別の経営者がやってる美容室があり、そこの女性の従業員から声をかけられたり、食事に誘われたりする事がありました。それを知った男性から仕事道具を隠されたり、他の先輩に僕と一切会話をするなと命令されていました。よくあった嫌がらせは、講習会に行く日、前持ってハサミなどの道具を準備してロッカーに入れてました。

職場のパワハラに耐えるしかありませんでした。

しかし、講習会に行く時になって道具が全て一式共消えてしまい、道具なしの僕を無理やり車に押し込み、そのまま講習会に連れて行かされました。講習会には、必ずハサミとウィッグ(カットの練習の人形)を持って行くのが当たり前ですが、僕だけ道具なしで参加しました。講習会の参加者は30人程いており、講師の先生は、8人おり、講師が1人1人回って来るたび、みんなの前で怒られました。

講習会から戻ると道具一式はロッカーに入っており、男性はこちらを見るとニッコリ笑ってました。そんな事が5年間続きました。この時、まだ見習い中で給料は3万円しか無く、辞めて実家に戻るにも戻れず、パワハラに耐え凌ぐしかありませんでした。お盆休みに母親が交通費を出すから、一度田舎に戻っておいでと言われ戻りました。この時は見習いになって既に2年目でした。

僕が独り立ちした事に喜んでる母親に仕事を辞めたいと伝えたいところでしたが、本当の事を話すと母親に心配されるので、言えずに諦めまた大阪に戻りました。大阪に戻ってから取り敢えず出来る事を考えました。ここで諦めたら行けない。貯金がないなら作れば良いと考え、バイトして引っ越し資金を貯めようと思いました。

その頃はインターネットなど無く本屋で求人雑誌デューダと賃貸雑誌を購入しました。その間、たくさんイジメられましたが、目標を持ったため、以前より気持ちが強くなってました。

パワハラの相談に真剣に乗ってくれたことが嬉しかった。

仕事終わりに居酒屋でバイトすることになり、休日はレンタカー屋で洗車のバイトも始めました。1年8ヶ月で50万円ほど貯まり、理容師の資格も取れてたし、住んでいたところより遠く離れた場所に引っ越ししました。と言っても荷物は布団類と段ボール3つしか無く、レンタカーを借りて自分1人で引っ越ししました。

仕事は最悪別の場所で理容師をやればいいかと思い、別でも仕事を探している頃バイト先の居酒屋のオーナーが知り合いのカフェで働いてみないかと誘われ、面接をすることになりました。直ぐにカフェ・レストランで働くことになりました。従業員は5人ほどおり、皆さんから可愛がられました。毎日、仕事が楽しくやり甲斐があり、5年後調理師の資格を取りました。理容師になってから3年後、バイト先の居酒屋のオーナーさんに相談しました。

とても、真剣になってくれ、お金貸してあげるから早く辞めなさい、お金を返すのはいつでも良いからと言われましたが、お金借りて、オーナーさんに迷惑掛けたくなかったので、断り自分で貯金をしました。オーナーが真剣に考えてくれたので、僕はそれが嬉しく、その時はオーナーさんの前で泣いてしまいました。

とても悔しく自殺を考えたこともありましたが、たった1人の母親の事を考えたら、そんな事を考えちゃダメだと止まりました。居酒屋さんのオーナーさんに相談してから、料理の世界を教えてくれました。

今の時代は何でも調べられる。まずは、誰かにパワハラ被害を相談してみるのもよい。

仕込みの仕方や調理の仕方を日頃から優しく教えてくれ、段々と興味を出させてくれました。実は引っ越し先も居酒屋に来るお客さんに、マンションのオーナーがいて、オーナーさんが僕に内緒で相談してくれ、家賃少し安くにしてくれ、敷金礼金を大分低くしてくれました。そして、引っ越しが決まればものごとはスムーズに進みました。

パワハラという辛い体験をして長い間1人で悩んでましたが、解決まで時間がかなりかかりました。やはり、絶対に誰かに相談する事です。誰かに相談する事で何かアクションがあります。それから物事がスムーズに進んで行きます。当時は、携帯電話が出たばかりで、通話料がとても高く、僕は低収入だったので借りる事が出来ず、インターネットなどの知識もありませんでした。

今の時代、人脈がなくてもネットで調べることも出来るし、相談出来るサイトもあると思います。取り敢えず、誰かに相談してみるのもよいと思います。1人で考え込んでしまうと要らないことを考えてしまいます。

特集記事一覧

プロフィール

プロフィール

はじめまして。当サイトの管理人みどりと申します。

実は私も上司からパワハラをされた経験があり、退職そして現在転職活動中です。

このサイトでは、パワハラへの対処の仕方や相談機関、自信を取り戻す方法、また、同じようにパワハラを受けた方の体験談や教訓なども掲載しました。参考にして頂ければ幸いです。

サイトマップ