これってパワハラ?私のパワハラ体験談

パワハラに負けない心と対処法について解説するサイト

【パワハラで自己都合退職?】会社都合に変える方法をハロワで聞いてみた。

パワハラに耐えきれず、退職願を出してしまった。会社から離職票が届くとそこには自己都合退職の欄にチェックが。これって会社都合なんじゃないの?と思ったあなた。ご存知の方も多いかと思いますが、会社都合であれば3か月の給付制限なく基本手当を受け取れます。

また、自己都合と会社都合では給付日数も異なりますので、まじめに働いて会社に貢献をしてきたあなたであれば、せめて会社都合で退職して基本手当を多くもらいたい。そんな気持ちになるのも不思議ではありません。そこで、自己都合退職を会社都合退職に変更するためのワザをご紹介します。あきらめてはいけません。会社都合に変えられる方法があるんですから。

パワハラが理由であってもあなたから退職を申し出れば自己都合退職

通常、会社を辞める際には退職願や退職届を提出します。しかしこれでは、自己都合退職になってしまいます。仮に退職理由にパワハラが原因だったと書いたとしてもです。退職願にせよ、退職届にせよ、自分から退職を申し出る場合は自己都合退職になります。これは、あなたが会社を辞めたいという意思の表示になります。

では、どうやったら会社都合という形で退職できるのでしょうか。例えば、会社から辞めてほしいと言われたとします。これを退職勧奨と言います。この場合は自己都合退職ではなく、双方が合意によって退職することになりますので合意退職となります。退職の際に合意文書を交わしますので会社都合扱いとなります。正確には特定受給資格者と言います。

パワハラの事実を証明する2名以上の証言が必要

ただ、それは、会社がパワハラを認めたという事になりますから、合意文書のようなものは交わせない可能性の方が高いでしょう。パワハラが原因で会社都合退職とすることは難しいそうですね。しかし、だからといってあきらめるのはまだ早いです。

自己都合退職を会社都合に変える方法、それは、会社にいる同僚の方など2名以上から証言を頂くことです。その証言の内容が明らかにパワハラであるとハローワークで判断した場合は自己都合を会社都合に変えることができます。

会社の同僚など2人以上から証言が必要になりますが、証言にはどのようなことを書けばいいでしょうか。まずは、パワハラの事実を具体的に書いて頂きます。いつ、誰が、具体的にどのようなことをしたのかを書き、証言者の署名、捺印、生年月日、住所、連絡先を書いて提出して頂きます。ハローワークによると本文はパソコンで打ちこんだものでよいとのことでした。ただ、証言者による自署が必要ですので証言者に書いていただく必要があります。

パワハラを証言したことが会社にばれてしまうのが心配?

会社の同僚などから証言をもらうことが会社にバレてしまう事はないでしょうか。もしバレテしまえばその証言者が会社から不利益を被る結果となってしまうかもしれません。ただ、ハローワークから会社に対し、誰々が証言しているという事を伝えることはないそうです。

ハローワークでは、証言者の方を氏名や生年月日から勤め先を確認することができますので、あなたの会社の人間であるかどうかを判断し、証言内容からパワハラと判断するか否かを決定します。もちろん、会社に事情を聴くこともあります。会社の事情も聴いたうえで実際にパワハラの事実があったと判断する場合もありますし、会社に事情を聴かずに証言だけで判断する場合もあります。

パワハラがあったと判断されればハローワークで会社都合に変更します。ハローワークでは、離職理由を変更したという事はあえて会社には伝えませんので会社は伝わりません。

会社の同僚などからの証言が重要となるわけですが、いくらハローワークに守秘義務があるといっても、もし会社にバレたら自分も何をされるかわからない、下手したら自分もパワハラを受けるかもしれないと、心理的にははかなり抵抗があると思います。同僚などからの証言が取れない場合はあきらめるしかないでしょうか。

【パワハラ証言を取れなくてもあきらめないで】証拠をハロワに提出しよう。

その場合には、パワハラがあったという事実を証明する客観的な証拠を提出するしかありません。例えば、社長から念書を書かされそうになったということであれば、念書の写しを提出することで、そのような念書を書かせようとしたことについて事実確認を会社に対して行う場合があります。

また、録音データとかも証拠になるでしょうか。文字起こしをしたとしても言葉だけでは、誰が誰に対してしている行為なのかは特定が難しいですが、パワハラがあったことを申述する書類とともに証拠書類として提出して頂く場合もあるそうです。しかし、証拠があればハローワークで必ずしも会社都合に変更するとは限りません。

せっかく証拠書類を準備して提出したとしても自己都合退職と判断されてしまった場合は、もう会社都合退職に変更する手立てはないんでしょうか。ハローワークの決定には異議申し立てをすることができます。ハローワークの上位組織である労働局の担当部署に対し不服の申し立てができるようになっています。決定がされるまでは、1か月程度かかる場合もあるそうです。

まとめ

・会社があなたを自己都合退職扱いにしたとしても、パワハラの事実を会社の同僚など2名以上の証言が取れる場合、証言がない場合にはパワハラを証明する証拠書類を提出することでハローワークでは、パワハラと認定し、会社都合に変更できる場合があることがわかりました。
・証言が取れない場合は、証拠が大事であることは間違いありません。誰もが納得する客観的な証拠をそろえるのは簡単ではありませんが、状況証拠を積み重ねるしかありません。また、暴力を受けたのであれば被害届を出す。医師の診断書を取る。労災認定がされたなど、証拠を積み重ねることでハローワークを動かし、会社都合へ変更してもらいましょう。
・ハローワークの決定に納得できない場合は、労働局に不服申し立てをする制度もありますので、どうしても納得できない方は、最後の最後まであきらめないでトライしましょう。

今回は、パワハラで退職した場合における自己都合退職を会社都合に変える方法についてお伝えしてきました。ただ、失業保険は次に就職するまでの一時的なもの、自己都合にしろ会社都合にしろ、いずれ手当はなくなります。次の目標は、この先の将来をどうするか?ということを見据えておくことが重要になります。

まだまだいくらでもやり直せますし、むしろこれからです。あなたを必要としてくれる会社はきっとありますし、今よりももっといい会社に就職して出直す。これを実現して、あなたを退職に追いやった会社を見返してあげましょう。その第一歩は、選択肢を増やすことです。

今すぐ転職する訳ではないにせよ、転職情報を得ておくことは無駄にもなりません。転職サイトってどうなの?どんな情報が得られるの?という方は、まず情報が流れてくる仕組みを作ってください。これから転職を検討している方に、実際に転職サイトや転職エージェントを利用した体験談をお送りしています。