これってパワハラ?私のパワハラ体験談

パワハラに負けない心と対処法について解説するサイト

【転職サイト活用談】私はこうしてパワハラから逃れました。

私は千葉県に住む43歳の男です。私が30代の時に営業職として勤務していた会社ですが、とにかく上司からのプレッシャーが凄くて毎日の様にシンドイ思いをしていました。というのもその上司は私が36歳の時に着任したのですが、まず最初に営業計画書の提出を求められたので私なりに作成してみたのです。ところがその計画書が気に食わなかったらしく、こんなのゴミだ、とかいい年してこんな物しか書けなくて恥ずかしくないのか、と面と向かってボロクソに怒鳴られました。

私は余りの酷い言われ様に愕然としましたが、相手は上司であるので逆らう事は出来ず必死に謝ったのです。その上で何とか業務計画書を作り直して、再び持って行ったのですが、お前の程度はもう分かったから見る必要はないと言われ、受け取りもしませんでした。何故だか毛嫌いされ理不尽な扱いを受けていると感じた私ですが、営業成績は特に悪くはありません。

ところがそんな私を上司は度々呼びつけ、売り込みが甘いだの仕事に集中出来ていないだの、根拠も示さずに怒鳴り続けました。私は新任の上司に嫌われた理由も分からないまま、一方的に怒鳴られ続けた事で本当に仕事に対するやる気を失って行ったのです。その結果、営業成績も落ちて行きここぞとばかりに上司に怒鳴られ続け、本当に嫌気がさしました。

転職を考えるものの、年齢的に厳しいだろと考え何とか頑張り続けていたのです。ですが上司が来て10ヶ月程経ったある日、無意識の内に私は会社とは逆方向の電車に乗っている自分に気付きました。もう精神的に限界だと気付いた私は、思い切って転職を決意したのです。

年齢やキャリアを考え転職は難しいと思い込んでいた。

そんな私は転職サイトに登録し、転職カウンセラーには現在の会社でパワハラを受けている事を正直にぶちまけました。転職カウンセラーはそんな愚痴混じりの私の話も熱心に聞いてくれて、上司の行っている事はパワハラで間違いないと断言してくれたのです。その上で、できるだけ早くそんな職場から離れられる様に全力でサポートしてれると言ってくれたので心強かったです。

もっとも私自身はもう営業職はトラウマになっているので、事務職でアットホームな会社はないかと希望を出しました。その結果、転職サイトを利用し始めて僅か1ヶ月程で転職先を見付けて新しい会社に移る事が出来たのです。しかも会社の規模は以前よりも小さくなりましたが、希望通りの事務職でアットホームな雰囲気であり、ギスギス感のない会社で働ける様になったのです。

転職サイトを利用する前は、年齢やキャリア等を考え転職は難しいと勝手に思い込んでいました。ですが転職サイトのサポートは期待以上に充実しており、私の条件に合う求人や私向きと思える求人を次々に紹介してくれたのです。お陰で上司からのパワハラですっかり失っていた仕事に対する自信ややる気を取り戻す事が出来たからこそ、転職を実現しました。

プロフィール

プロフィール

はじめまして。当サイトの管理人みどりと申します。

実は私も上司からパワハラをされた経験があり、退職そして現在転職活動中です。

このサイトでは、パワハラへの対処の仕方や相談機関、自信を取り戻す方法、また、同じようにパワハラを受けた方の体験談や教訓なども掲載しました。参考にして頂ければ幸いです。

サイトマップ