これってパワハラ?私のパワハラ体験談

パワハラに負けない心と対処法について解説するサイト

パワハラで弱った心と体はこれで解決させる

管理人のみどりです。今回は、パワハラで弱った心と体を復活させ、自信を取り戻すコツについてご紹介していきたいと思います。良く心と体はつながっているなんて言いますよね。パワハラで疲れた心と体を取り戻すのにまずは体から。健康な体を取り戻すことが健康な心を取り戻す第一歩ですし、科学的にも証明されているので、心が病んできているなと感じたらまずは運動習慣を取り入れてみましょう。

最近ちゃんと寝れていますか?上司のパワハラに合っていた頃、私は倦怠感や、眠れない、夜中に何度も起きる、寝汗もよくかいていました。常に何か不安に襲われているというか、会社に行くって思うだけで憂うつなんですよね。そんな時、私はとりあえず何かしなきゃって思い、散歩をすることにしたんです。

運動が大事ってわかってはいるんですけど、なかなか続けられないんですよね。昔ジムに通っていましたが、やっぱり続かなくて辞めちゃいました。でも散歩は続けられています。だってただ歩くだけですから。でも調べてみると、朝にウオーキングをするだけで夜眠れるようになるっていうのはすでに実証されており、多くの書籍も出版されています。科学的にも根拠があることなのでぜひ実践してみてください。

ほんとに歩くだけです。それも朝の光を浴びるように散歩しています。通勤で駅まで15分くらいでしたから、駅前まで歩けば往復でちょうど30分です。人にもよるでしょうが、通勤途中に一駅手前で降りてのんびり歩くのもいいですね。

パワハラで傷ついた心はセロトニンを増やす生活を心掛けよう。

ところで、睡眠にはメラトニンというホルモンが必要だってことを聞いたことがありますか。メラトニンは夜になると増えますから夜寝る前には部屋を暗くしてあまりスマホとかテレビ見ない方がいいんです。しっかり寝るため欠かせないメラトニンなんですが、このメラトニンを作るのがセロトニンというホルモンになります。セロトニンがしっかり出ることで眠れるんですね。

セロトニンは別名、幸せホルモンなんて呼ばれている神経伝達物質なんですよ。不眠やうつに悩まされている人は、このセロトニンが不足しているとも言われています。つまり、このセロトニンを増やしていくことで、不眠やうつが解消されていくってことになるわけです。

セロトニンは、朝の光によって活性化されますし、セロトニンの分泌にはリズム運動がいいと言われています。つまり、朝のウオーキングによって生活リズムがどんどん改善されていくことになります。散歩が難しくても朝の太陽を浴びることで体をリセットしてくれますし、散歩でなくてもサイクリング、水泳、縄跳びといったリズム運動を取り入れるのが有効です。

幸せホルモンと言われるセロトニンを増やす食べ物は?

では、このセロトニンを増やすにはどうしたらいいんでしょうか。セロトニンの合成に必要なのはトリプトファンという必須アミノ酸です。ただ、トリプトファンは体内で作り出せませんから食事から取りましょう。トリプトファンは大豆、納豆、豆腐、味噌などの豆製品、牛乳、チーズなどの乳製品、レバー・卵などに多く含まれています。

また、トリプトファンを単体で取るのでは不十分で、食べ合わせが重要です。トリプトファンと一緒に取るとよいとされているのは炭水化物、ビタミンB6になります。例えば、玄米・白米などの穀類、イモ、パスタ、サンマ、サバ、イワシなどの青魚、にんにく・しょうが・トウガラシなどになります。意外とふつうの食材から取れるんですね。

これなら日頃の食事からしっかりとれそうです。ちなみに動物性タンパク質はセロトニンの合成を妨げるそうなので注意が必要です。何も特別な食事は必要じゃないという事も続けやすいと思います。私も作ってみました。例えば、こんな食事はいかがでしょう。サバのみりん干しとごはん、味噌汁、マカロニサラダです。

脳内革命で有名な春山先生の病院では、食生活の三原則として、高タンパク、低カロリーのもの、血管の目詰まりを防ぐもの、活性酸素を中和するものをキーワードに挙げております。正しい食生活が健康な体を作る。当たり前のことかもしれませんが、その当たり前をやるって現代ではなかなか難しいのが実情かもしれません。それに食べ合わせが重要なので、なんとなく食事するのではなく意識をすることがいいです。

あまり料理はしないという人は、是非奥様に作ってもらってください。独り暮らしの人は毎日料理すると、スーパーでの買い物もあるし大変だと思います。もっと手軽に利用できるものとしてセロトニンが取れるサプリメントがありますね。

ただ、サプリメントは栄養補助食品と言われているとおり、あくまで普段の食事の補助として取るものです。それにただ、サプリメントだけ飲んでもあまり効果的ではない様に思います。あくまでも大事なことは食事と運動のバランスですし、食事もサプリメントも使いながら無理なく毎日の生活に取り入れてみてください。

全ての栄養素が詰まっているのはこれ

料理を作るのが大変という方は、朝にバナナはどうでしょう。バナナであればこの3つの要素、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物がすべて含まれているので簡単に取れますよ。バナナなら簡単でいいですしね。

まとめ

・上司のパワハラで心を病んだり、不眠が続くようであれば、まず散歩をして気分をリフレッシュさせましょう。
・朝の散歩で一日のリズムを作ることで、セロトニンが増えてくれば、それがメラトニンの生成にもつながり、よく眠れるようになります。
・散歩でも朝日を浴びることが幸せホルモンであるセロトニンの分泌に有効です。
・セロトニンを増やすにはトリプトファン、炭水化物、ビタミンB6の組み合わせが大事

今、パラハラで苦しんでいるのであれば、その原因を取り除くことが一番の対応策になります。心や体のバランスを崩すくらいであれば、長い目でみても今の職場を続けることを考える必要があります。自分の健康を犠牲にしてまで続ける仕事は誰も幸せになりません。とりあえず転職に関する情報収集を始めてみるのもよいでしょう。

【参考文献】
脳内革命2 春山茂雄著
育脳の技術 有田秀穂著
安眠の科学 内田直 著

特集記事一覧

プロフィール

プロフィール

はじめまして。当サイトの管理人みどりと申します。

実は私も上司からパワハラをされた経験があり、退職そして現在転職活動中です。

このサイトでは、パワハラへの対処の仕方や相談機関、自信を取り戻す方法、また、同じようにパワハラを受けた方の体験談や教訓なども掲載しました。参考にして頂ければ幸いです。

サイトマップ