これってパワハラ?私のパワハラ体験談

パワハラに負けない心と対処法について解説するサイト

長時間説教上司

電気大手メーカー系列の関係会社に務める会社員です。この会社で私が38歳のときにいわゆるパワハラを受けました。この会社は、親会社から設計業務の委託をうけ、その成果に対し報酬を受けるという事業を生業としています。実際は、親会社から作業の委託を受けると、管理職級のリーダーが1人選出され、その配下に数人の社員が付けられて仕事が始まります。俗に言う「プロジェクト制」という形態です。

あるプロジェクトの受注にともない、私もとあるチームに配置されました。このときのリーダー(管理職)が、問題の人物です。業務のスキルは高く、顧客の信頼も厚い人物なのですが、自分の意に沿わないメンバーは徹底的に吊るし上げるという負の面でも、社内では有名な人物でした。そのとき集められた自分以外のメンバーが、もともと、その人物と付き合いの長いイエスマンであったことは多少気になっていたのですが、仕事ですので四の五の言えません。プロジェクトがスタートしました。

しばらくすると、早速、洗礼を受けます。明らかに仕事の指示が淡白なのです。忙しいを理由に充分な説明がないのです。仕方ないので、自分なりの解釈で仕事を進めます。すると、今度はダメ出しや説教が始まります。自席の前に呼びつけ、事細かに指摘します。指示の淡白さとは対象的に、この時間が長い。立たされたまま2時間や3時間はザラです。小声でネチネチです。周囲も見てみぬふり。さらし者のようです。

見てる人はちゃんと見ている

「あぁ、噂のパワハラとは、このことか。」という諦めもありつつ、「苦痛な時間が、早く終わらないだろうか。」「残業するなという説教を、1時間も2時間もするのは、いかがなもんだろう。」と思いました。とはいえ、その時の私は、特に行動を起こしませんでした。一番の理由は「このプロジェクトチームは期間限定。暫くしたら解散するから。」です。

パワハラを受けている事を外部(家族を含む)にも相談しませんでした。心配かけたくなかった点も大きいです。一部の同僚は声もかけてくれましたので、同僚には周知の事実でした。ところが、ある日、変化がおきます。説教が短いのです。態度は変わらないのですが、ネチネチ長い説教がピタッと止まりました。

後に聞いたのですが、どうやら、隣の部門のある社員が通報したそうなのです。隣の部門から見ても、やはり目に余る行為だったようです。その人物は、上層部などからかなりきつい指導を受けたそうです。収まったので、私としては、助かりました。

この体験で得た事として一つ言えることは「見てる人は見てる」。「他の部門こそ、常識と違う何かを感じたら、指摘してあげる」といったことでしょうか。